社 是

年収1070万円を入社4年目にして成し遂げた27歳のA君に、社長は言うのです。
「もっと遊べ。もっとイイ服着て、いいクルマ乗って、いつまでもカッコ良く生きよ」

当社の定年は70歳です。
A君も、いつまでも順調であるとは限りません。果たして、社長は言うのです。
「すがた形だけではない。失敗と挫折を乗り越えた者は、内面がカッコ良いのだ。
それこそが男前と言うやつだ」と。


人々には、
高い賃金と、多くの休日と、確かな理性が必要です。 
平成9年8月21日に創業した当社は、
“仕事を通して新しく生きる”ことを追求するため
「新生会」と命名いたしました。

働き方には、様々なかたちがあります。
高い賃金を得たい。
出世したい。
仕事を追究したい。
ひとり気ままな時間をすごしたり、
趣味に没頭したり、
家族とのふれあいの時間を大切にしたい... 

社員と社長は、新生会に所属していることによって幸福にならなければなりません。
ただし、すぐに終わるような幸福ではいけませんし、そのときどきに大きな不満の残るような幸福でもいけません。
「永遠に続くような、そのときどきに最大限の幸福」
新生会が、こうした幸福を社員と社長に提供する存在であり続けるためには、
そもそも、社長と社員が、このような理念をもち、
それを実現する姿勢を貫かなければなりません。

その実現のために、
新生会では、
学歴や資格、家柄やコネクションは必要ありません。
必要なのは、「情熱」と「執念」です。
情熱と執念さえあれば、
今のこの世の中においても
築くことのできる世界があるのです。
それが、新生会の事業です。

あなたが必死になれば、 
誰かが応じてくれるはずです。
あなたがいつまでも耐えているならば
受け止めてくれる誰かがいるはずです。

どこかでひっそりと、
あなたのその情熱に、
あなたのその個性に、
心打たれる人々が待っているのです。


あなたに、情熱が本当にあるのならば
そのチャンスを手に入れられるはずです。
“永遠に続くような、そのときどきに最大限の幸福”を。


1